医療法人 明星会 

鹿児島園田眼科形成外科

TEL:099-210-5311

FAX:099-833-3159

医療法人明星会

園田病院

 TEL:0993-72-0165

​ FAX0993-72-5758

​涙道とは?

 涙は「涙腺」でつくられ目の表面を潤したのち、目頭にある「涙点」→「涙小管」→「涙嚢」→「鼻涙管」を通って、鼻の奥へと流れていきます。この涙の通り道を「涙道」といいます。「涙道」が詰まったり細くなったりすると、涙があふれたり、感染を引き起こしたり、目やにが出たりします。

そうなると目薬では治らないため、涙道外来で治療を行います。

涙道外来の治療

涙道外来では下記の検査と治療を行います。

涙点形成

 涙道の入り口でもある涙点が様々な原因で閉塞することがあります。

 閉塞箇所を切開して涙点を形成します。

通水洗浄

 涙道内に圧力をかけて洗浄することで、狭くなっている箇所が押し広げられます。

涙道内視鏡検査

 細い内視鏡を涙点から入れて、涙道の閉塞部分を確認します。

 涙道に麻酔液を注入して行います。

​当院で行っている手術

涙管チューブ挿入術

麻酔をして上下涙小管と鼻涙管に全長10cm程度の専用のチューブを留置し、約3ヶ月から半年洗浄を行いながら加療します。留置することによってチューブが涙道の粘膜を押し広げます。手術時間は30分程度です。

​るいのうびくうふんごうじゅつ

涙囊鼻腔吻合術

涙嚢と鼻腔の間にある薄い骨の一部を取り除き、新たなバイパスを作る手術です。涙道がふさがっている状態が長く続き、強い炎症や高度の癒着が起こっている場合は「涙管チューブ挿入術」で治療できないため、この手術を行います。手術時間は2時間程度です。

​涙道治療のスペシャリスト

鹿児島はもちろん全国でも数少ない涙道専門医として、治療法の普及を進め、若手術者の教育も行う。また患者様の苦痛の軽減のため、安全な涙道の麻酔法を提唱し、その普及に尽力。現在、全国的にスタンダードな方法となっている。

​医師  園田 真也
​【活動歴】

現在眼科の手術関連学会にて手術手技のインストラクター、教育講演講師をつとめている。2013年に医療機器の発展に尽くした功績で「青木賞」受賞。2017年現在、眼科学術誌において連載3本。解剖にも精通しているために各種の発表講演を行う。また、2018年日本眼科手術学会総会(京都)の教育講演講師に指名されている。